当社鋳造技術

真空法+PF法+局部加圧法

①真空引き

sanko1.fw_1

金型キャビティー内を真空引き

②酸素注入

sanko2.fw_

金型キャビティー内に酸素注入

③酸素とアルミ融合

sanko3.fw_

金型キャビティー内にアルミ鋳込み酸素が科学反応で

酸化アルミになる

④局部加圧

sanko4.fw_

ひけ巣軽減したい部分を加圧押し湯

⑤取り出し

sanko5.fw_

製品取り出し

真空法

真空装置外観

sanko6.fw_

目的

製品内に発生する巣穴を極力小さくし機密性の高いアルミ製品を製造する。

理論

溶湯を充する前に金型キャビティー内の空気を真空ポンプで吸収し、0.3~0.5気圧まで減圧し、製品内の巣穴を極小化させる。

PF法

製品品質

sanko8.fw_-1024x261
sanko9.fw_-1024x261

局部加圧法

溶湯鋳込み後の押し湯

sanko7.fw_

目的

ヒケ巣(収縮による製品内部の不具合)対策